組織の中での役割とは?部長だから偉いのか?ヒラだから偉くないのか?

こんにちは山中もとおです。

最近かつての同僚やクライアントさん達もキャリアを積みドコドコに転職しました。ドコドコの執行役員になりました!という一報を聞くようになりました。

思えば私もそんな齢になったという事ですね。

私は前々職の時の入社間もなくマネージャーに任命さそれ以来、ずっと管理職をやってました。

当時は営業成績が良いからという論功行賞の一種でマネージャーや部長などに昇進し、自分が偉くなったと勘違いしていました。

20170715_lp52_0253
しかし、今にして思えば偉い訳でも何でもなくて単にそういう役割になった・・というだけなんですよね。

取締役には取締役の役割が、部長には部長の役割が、メンバーにはメンバーの役割があるだけの話
その役割の中で結果を出せば良いのです。

ひとつの芝居や映画に例えれば主役と脇役の違いと同じ、それぞれの役割の中で結果を出して、論功行賞を迎えれば良いのです。
別に役員だから部長だから偉い訳じゃないんですよ。

今日はこの辺で

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

著者プロフィール

山中もとお

2006年8月 株式会社フルスピード入社SEMを中心としたコンサルティング業務に従事。 2009年10月東京から札幌に移住してインターネット広告代理店設立に参画し取締役就任。 設立4年で20億の売り上げを達成! 北海道からIT業界を盛り上げるために奔走中。

マジメのウェブサイトはこちら

山中もとお