コンテンツマーケティング取材案件のポイント!

こんにちは山中もとおです。

最近はコンテンツのご要望も様々な様相を呈しております。
中でも一番ご要望頂くパターンは”取材案件”です。

そこで取材案件の費用に関する裏ワザ的なポイントをまとめてみました。

そもそも取材に大きいも小さいも無いのですが、できるだけ費用を抑えたいという気持ちは誰でも同じでしょう。

しかし作家さんやタレントさんを使用し出張させた場合、どうしても制作費が高くなってしまいます。

IMG_3251

 

そこで製作費用を抑えるポイントをまとめました。

・一度に複数箇所取材する

・連載の場合は貯め撮りを行う

・若手のタレントもしくはタイップを持ちかける

ひとつずつ解説して行きましょう。

・一度に複数箇所取材する
取材ともなれば作家、カメラマン、タレント、ディレクターなどが何人もの人間が動く事になります。遠方の取材となれば半日以上掛かりますから複数箇所同時に訪問する事で予算を圧縮する事が可能です。

・連載の場合は貯め撮りを行う
定期的な連載する場合、都度取材を行うと上記同様にコストが掛かってしまいますので、数ヶ月分同日に取材を慣行し衣装や小道具、メイクなどを変更する事で季節感を変更する事が可能です。
これはテレビのバラエティ番組などでも良くあるパターンで30分や週帯の収録番組はほとんど複数本の番組を同日に収録します。

・若手のタレントもしくはタイップを持ちかける
有名なタレントさんはギャラも高額になりがちなので、これから伸びる可能性がある若手タレントさんを起用し予算を圧縮するという目的もありますが、有名なタレントさんであってもタレントさん側にメリットがあるような仕事であれば、意外と安価に受けて頂けるケースもございます。
例えば、あるタレントさんが書籍を出版した直後でその書籍タイトルに絡ませるようなコンテンツであれば交渉しやすくなります。

このように、様々な工夫をする事で予算に合わせた取材案件を行う事が可能です。

今日はこの辺で。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

著者プロフィール

山中もとお

2006年8月 株式会社フルスピード入社SEMを中心としたコンサルティング業務に従事。 2009年10月東京から札幌に移住してインターネット広告代理店設立に参画し取締役就任。 設立4年で20億の売り上げを達成! 北海道からIT業界を盛り上げるために奔走中。

マジメのウェブサイトはこちら

山中もとお