検索する地域によって検索結果がめちゃくちゃ異なる件~前編~

各地域によって、検索結果がめちゃくちゃ違うという事は、すでにみなさんご存知かと思います。

今回は2回に分けてこの経緯と、対応策について記載します。慣れると意外に面白いです。

昨年末、ヴェニスアップデートというGoogleのアップデートが発動し、各地域によって特色のある検索結果になっています。

数年前からGoogleは計画していたので、ようやく実行されたな~というのが率直な感想です。

これによるメリットとデメリットをまとめました。

・メリット
地域名を入れなくても、ローカル情報が反映されているので便利

・デメリット
順位計測している会社にとってはどれが、正しい順位がわからず混乱

大方、困っているのは後者の順位計測している業者さんです。

実際どれぐらい違うかご覧ください。

検索ワード「FC」
東京都新宿区で検索した場合

FC東京 東京検索

 

 

検索ワード「FC」
北海道札幌市で検索した場合

FC東京 北海道検索

 

 

全然違いますね。

東京では我らがFC東京が上位表示されているますが、札幌での検索時は見る影もありません。

ではさらにBigワードでは如何でしょうか?

検索ワード「不動産」
東京都新宿区で検索した場合

不動産検索 東京

 

検索ワード「不動産」
北海道札幌市で検索した場合

不動産 札幌検索

 

 

やはり全然違いますね、MAPが上位されるのは当たり前なのですが、そのほかのオーガニック順位は全然違います。

このようにしてして全国のSEO会社を混乱させている?このアップデートですがWebサイトの管理者さんは攻略する方法もございます。

それはまた次回

今日はこの辺で。

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

著者プロフィール

山中もとお

2006年8月 株式会社フルスピード入社SEMを中心としたコンサルティング業務に従事。 2009年10月東京から札幌に移住してインターネット広告代理店設立に参画し取締役就任。 設立4年で20億の売り上げを達成! 北海道からIT業界を盛り上げるために奔走中。

マジメのウェブサイトはこちら

山中もとお