リスティング広告で単価調整とレポート作りしか出来ない人は死ぬしか無い~後編~

後編の今回、なぜ単価調整とレポート作成のみを業務としている人たちについて、将来生きる道が無いと記載したのか具体的に執筆します。


なぜ近い将来そうなってしまうのかと言うと、それはGoogleによる運用管理のオートメーション化の波そこまで来ているからです。

つまり、いま人の手で行っている事がロボットに奪われるというSF映画のような事がSEM広告業界では近い将来起こりえるのです。

単価調整に関して言えば、実際にコンバージョンオプティマイザーと言う機能を使う事である程度、自動運用する事が可能です。

また、動的検索広告により出稿するワードも簡単に算出する事できるのでワード追加も不要になるでしょう。

レポートですら日時を決めて自動転送する事だって可能です。

これらの具体的機能や有効的な使い方については、私が尊敬している阿部圭司さんや藤原彰二さんがブログに書かれているので、ググって調べてください。

まとめると、運用のオートメーション化の波が既に始まっているのです。

しかしまだチャンスはあります!

 

単価調整とレポート作成のスキルしか、ない人でもまだ充分活躍できる可能性を秘めています。

それは。ロボットにはできない事、絶対に人にしか出来ない事についてスキルを伸ばせば良いのです。

そうする事で、オートメーション化など関係なく、誰にも負けない強いコンサルタントになることが出来るでしょう。

ではどのようなスキルを身につければ良いのか?それはまた次回お届けします。

今日はこの辺で。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

著者プロフィール

山中もとお

2006年8月 株式会社フルスピード入社SEMを中心としたコンサルティング業務に従事。 2009年10月東京から札幌に移住してインターネット広告代理店設立に参画し取締役就任。 設立4年で20億の売り上げを達成! 北海道からIT業界を盛り上げるために奔走中。

マジメのウェブサイトはこちら

山中もとお