メディア運営の成功事例に共通しているたった一つの事とは?~ケイゾクとサイトのスペックについて~

こんにちは山中もとおです。

コンテンツマーケティングの案件に本気で取り組んでから、約3年が経過しようとしております。
その間、述べ300サイト以上のコンサルティングに関わらせて頂きました、それぞれの案件に対して、関わりの深い浅いはあるのですが、その中でも成功している事例にひとつだけ共通している事があります。

それは・・・

「ケイゾクしてやり続ける事です」

50013629_series_art__338x600_unsolved_cases_dce1db02f92c95a9bf2d9f361d8a3b04

もちろん、具体的に何をケイゾクしているか?という事もあるのですが、成功しているサイトは常に何かを動かし続けているのです。

いろんな、クライアントさんがいる中で一番最初にコレをお伝えしますが、大多数の場合は途中で諦めてしまいます。
すぐに効果を出してあげる事のできない、私自身にも責任はあるのですが、もう少しガマンしてくれませんかね?というケースが殆どです。

もちろんサイトのスペックや社内のリソースも影響してくるので無責任な事は言えませんが、最低でも1年は最初に決めた施策を頑張ってほしいです。

今後もケイゾクとスペックの見極めを行いサイトの運営をお手伝いできればなと考えております。

今日はこの辺で。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者プロフィール

山中もとお

2006年8月 株式会社フルスピード入社SEMを中心としたコンサルティング業務に従事。 2009年10月東京から札幌に移住してインターネット広告代理店設立に参画し取締役就任。 設立4年で20億の売り上げを達成! 北海道からIT業界を盛り上げるために奔走中。

マジメのウェブサイトはこちら

山中もとお