コンテンツマーケティングの書籍を出版するにあたって~④〜完結編

こんにちは山中もとおです。

前回は一人合宿を決行するところで終わりましたよね。

文豪と呼ばれるような作家さんであれば、きっと小諸とか修善寺とかを選択するのでしょうが、私が選んだのは都内の某カプセルホテルです。

何を隠そう、私は大のカプセルホテル好きです。

カプセル

狭い空間だと落ち着いて寝れるので、一人の出張などは率先してカプセルを選択しています。

そしてこのカプセルホテルにはわずかですが、自習室が併設されているのでこういった時には打ってつけなんですね。

自宅に帰らず、カプセルホテルの自習スペースで週末ずっつと編集作業をしている人・・他人からみたら変人だったでしょう。そして自習スペースを独占してスイマセン。

ここで、ガリガリと編集&執筆作業を2泊3日の行程を2回繰り返し無事に完成し校了となるのでした。

普通の経営者が書籍を出版する場合は通常全部、口頭でペラペラしゃべった内容を記者の方が後で文章化して完成というなが通常の流れで、良く書籍を出版している某有名な社長さんなどは全部この方法なので、出版されるまでどんな内容か分からないケースや「あれ?俺こんな事言ったけ?」という事が多いようです。

学校の作文すら苦手だった自分が今回、書籍を出版する事で改めて出版社の偉大さを感じ、また原稿執筆の重要性を認識させられました。

そしてこれらの苦労を経て、実際に本屋さんに自分の本が並んでいる事を見て少し感慨にふけっています。

さらに書籍の出版をキッカケに様々な反響を頂いており、本番はこれからだなという感じです。

 

本

出版一代記はこれで完結!

次回は新シリーズにご期待ください。

今日はこの辺で。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

著者プロフィール

山中もとお

2006年8月 株式会社フルスピード入社SEMを中心としたコンサルティング業務に従事。 2009年10月東京から札幌に移住してインターネット広告代理店設立に参画し取締役就任。 設立4年で20億の売り上げを達成! 北海道からIT業界を盛り上げるために奔走中。

マジメのウェブサイトはこちら

山中もとお